教育・セミナー

なかしまちはる

愛媛県
SNS総合フォロワー数:11000

評価

-

全国

47

居住地:愛媛県 / 訪問数: 1,443

業種カテゴリー

教育・セミナー

About Me

元刑事×4人のママが伝える性教育

福岡県出身、松山市在住の4人の母。元警察官。性犯罪の担当刑事をしていたことや、自分自身の子育てを通して性教育の必要性を感じ、現在は性教育アドバイザーとして、大人や子どもたちに体のこと、心のこと、命について伝える活動をしています! 被害者を救う刑事から 被害者も加害者も出さない性教育アドバイザーへ転身!

プロフィール

大切なわが子の笑顔と未来を守りたい。
わが子のためなら、どんなことでもする!

親であれば、何度もそう思ったことがあるはず。


元々警察官として働いていた私は、
そんな思いを持った親御さんをたくさん見てきました。


でも、それはすでに被害に遭ってしまった被害者の親御さん。


性被害に遭ってしまい、
勇気を振り絞って警察へ話に来てくれた親子。


その顔に輝かしい未来への希望はありませんでした。



私は元々女性の味方になりたい!
怖い警察のイメージを変えたい!と思い、
警察官になりました。


しかし、警察官としての仕事は
発生してしまった事件を解決するための活動だったのです。


もちろん、被害者の声を聞いて、犯人を捕まえる。
そのこと自体は大切なことだし、必要なことです。


だけど、性犯罪の捜査に長く携わっていくうちに
性犯罪を防ぎたいと思うようになりました。



その後、私は結婚し、
母として幸せな日々を過ごしていました。


ある日、
当時小学校二年生だった長男が、
年長の長女に向かって
言っていたことを耳にした私は
愕然としました。


「ねえ!ちょっと見せてよ!
 おまたどうなんてんの?!
 見せてくれたっていいやん!!」



え?おまたを見せてくれって?
どうゆうこと?!



これは兄妹だからと言って
許されることではないと
私は危機感を抱きました。



異性のカラダの仕組みに
関心を持つことは大事なことだし、
そのこと自体を
否定する気はありませんでした。


でも、
「どうやって伝えたらいい?
 何から話したらいいの?」
と、身動きが取れなくなったのを
昨日のことのように思い出します。



いざわが子へ
性教育を伝えようとしたとき
固まってしまった私は、
警察官なんて肩書きは関係なく、

1人の母親として、
わが子たちの未来のためにも
性教育を伝えたいと思うようになりました。





そんなときに出会ったのが
性教育の学びでした。



その中で
3~10歳のわが子へお母さんが家庭で伝える性教育!と聞き、
これこそ私がやりたいと思っていたことだ!



そして、
講座を受講して得た知識を
子育ての中で実践していくと、
たくさんの変化がありました。


〇子どもたちからの性に関する質問に
答えられるようになり、自分に自信がついた

〇子どもとの信頼関係が深まった

〇今生きていることに感謝し、
 子どもたちへの愛がより深まった


ここには書ききれないほどの変化がありました。






だけど、
私が性教育を伝えて一番良かったことは、




子どもたちが
自分で自分のことを守るための
知識のお守りを渡せていること





あなたの
「子どもたちに体の大切なことを伝えたい!」
「自分で自分を守れるようになって欲しい!」
「子どもたちからの性の質問に答えられるようになりたい!」
「(性被害に遭った自分と)同じような思いをさせたくない!」

という想いに
私も全力でサポートさせていただきます!!





わが子に一生モノの
防犯の知識をプレゼントしませんか。

得意分野

性教育
フェミニンケア
個性心理学
帝王学

スケジュール

お問い合わせは公式ラインでも
受け付けております!

https://lin.ee/UcXyXuW

レビュー 総合評価(0)

https://f-e-a.jp/user.php?id=121